« スーパー桃太郎電鉄3 | トップページ | ゼルダの伝説~夢をみる島 »

スーパーマリオコレクション

D137
■137
■スーパーマリオコレクション
■夢のマリオ4(+1?)本立て
■任天堂
■1993

|

« スーパー桃太郎電鉄3 | トップページ | ゼルダの伝説~夢をみる島 »

1993」カテゴリの記事

コメント

1993年7月、「スーパーマリオコレクション」が発売、こちらの方はFC時代のマリオシリーズ計4本がリメイク収録されたゲームソフト(海外版ではマリオワールドまで収録された)。 当時、任天堂のライバルだったSEGAは打倒マリオコレクションを目指すため、メガドライブの周辺機器ハード「メガCD」でソニックの新作を発売。但しこちらの方はマリコレのように「ソニック1」と「ソニック2」をリメイクして収録するのではなく、完全新作のアクションゲームという形で発売。この頃の中裕司はアメリカのSEGAで仕事をしていたため、日本のSEGAに残った大島直人と「ソニック1」の一部のスタッフで開発し、1993年9月発売。ソニックCDの特徴はメガCDを限界まで活用したドットアニメーション、CD-DAによるBGM(尾形雅史&幡谷尚史)や主題歌(宇徳敬子&ケーシー・ランキン)、タイムワープシステム、3Dスペシャルステージなど、まさにマリオコレクションに勝ってやる程の名作だった。売り上げ本数は全世界で150万本(マリオコレクションに劣るものの、メガCDソフトの中では唯一100万本を突破したゲームだった)。

投稿: マイケル村田 | 2012年12月18日 (火) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スーパー桃太郎電鉄3 | トップページ | ゼルダの伝説~夢をみる島 »