カテゴリー「編集後記」の4件の記事

あかとみどり/329-336

336:新型PSP(2007)
335:スーパーマリオアドバンス3(2002)
334:ナムコットニュース/Vol.15(B5)(1986)
333:スペランカー2~勇者への挑戦(1987)
332:課長 島耕作~スーパービジネスアドベンチャー(1993)
331:霊幻道士(1988)
330:たまごっちのプチプチおみせっち(2005)
329:ゴッドハンド(2006)

赤:そういえば、「ユーゲー」で「広告公国」って、
  新コーナーができたんやて。
緑:さりげなくな。でも、どこかで聞いたタイトルやな。
赤:第1回は「ザナドゥ」やて。
緑:懐かしいなあ。
赤:オリビア・ニュートン・ジョンが歌っててな。
緑:内容はともかく、音楽は良かった…って、
  それ、ゲームと関係ない映画の話やろ。
赤:あ、そうか。でも、当時の広告って枠からはみ出る
  情熱みたいなものが伝わってくるって、そんなような
  ことが記事に書いてあったけど、全く同感やね。
緑:たしかにそうやね。今回のラインナップも80年代から
  20年くらいの幅があるけど、時代が近づくごとに
  デザインも洗練されている気ぃ、せえへん?
赤:なんか、丸くなった気ぃするわ。
緑:ま、ゲームがおもちゃ以上に変化しているのも
  あるやろうけど「スペランカー2」のデザインなんて、
  パワー溢れてます、て感じやもんな。
赤:今、こんなん目にすることなさそうやね。
緑:どちらが良いと言うわけやないけど、ある意味ゲームの
  チラシらしいデザインやね。

| | コメント (0)

あかとみどり/320-328

328:絵描衛門(デザエモン)(1991)
327:SUPER 麻雀大会(1992)
326:SWAT(1987)
325:スーパーマリオクラブ/95年9月号(1995)
324:バトルシティー(1985)
323:東京バス案内2(2005)
322:バナナ(1986)
321:メダロット・ナビ~カブト/クワガタバージョン(2001)
320:バックギャモンほか(1990)

赤:知ってる?
緑:知ってるって、いきなり言われてもなあ。
赤:ボンボンや、ボンボン。
緑:ボンボンって、どこのボンボン?
赤:ボンボン言うたら、コミックボンボンやろ。
緑:そっちのボンボンな。で、どないしたん。
赤:今年(2007年)の12月号で休刊になるんやて。
緑:えっ、ホンマに。っていうか、まだ続いていたんや。
赤:ガンバッてたんよ。
緑:これも少子化の影響って、やつやろうか。
赤:やろうね。
緑:ボンボン出た頃は、コロコロ卒業してジャンプやったから、
  思い出とかそういうのあまりないねんけど、何かやっぱり
  寂しいな。
赤:そうやね。
緑:ところで「バックギャモン」のディスクカレンダーとか、
  「スーパーマリオクラブ」なんかもそうやけど、メーカーの
  定期刊行物って、あるやん。
赤:月刊なんたらとか?
緑:まあ、そういうの。バンナムの「Side-B・N」とか。
赤:そういえば「コナミマガジン」とか「セガプレス」は?
緑:たぶん、休刊なんちゃう。
赤:そんなこと、書いてたっけ。
緑:タイトーの「TiLT」とテクモの「TGM」やったかは、
  休刊、またはウェブに移行って書いてあったけどな。
赤:そのうちみんな、詳しくはウェブで、てことになるんかな。
緑:かも知れへんな。
赤:じゃ、このブログもいずれそうなんねやろか。
緑:はじめから、そうやろ。
赤:え?ブログって、ウェブなん?
緑:………。

| | コメント (0)

あかとみどり/310-319

319:ゾイドバーサス(2002)
318:ゾイド~中央大陸の戦い(1987)
317:ゲーム甲子園2006(2006-2007)
316:シェラザード(1987)
315:ゴーストハンター(2003)
314:ライブ・ア・ライブ(1994)
313:リラックマ~おじゃましてます2週間(2005)
312:激闘プロレス!!闘魂伝説(1989)
311:神業(2006)
310:高校受験アドバンスシリーズ~英単語/英熟語/英語構文編(2001)

赤:ディス イズ ア タッチペン。
緑:たしかにこれは、タッチペンやな。
  ていうか、今回はDS関連の広告ないやん。
赤:パードン?
緑:………。ところで、ゾイドのスペルって、ZOIDSやん。
  で、複数形の”S”なんやろうけど、発音しないやろ。
  それ、前から変やな~、て思ってたんやけどな。
赤:ホワイ?
緑:知らんから、聞いてるんやろ。
赤:リラックマ。
緑:逃げたな。
赤:ゴーストハンター、シェラザード、ライブ・ア・ライブ。
緑:もう、わけ分からん。そういえば、ライブ・ア・ライブ。
  えーと、小林よしのり、青山剛昌、藤原芳秀、島本和彦…
  名前、違うかも知んないけど、7人もの有名マンガ家を
  起用してんねんな。
赤:7、8、9、テーン!
緑:カンカンカン、って、何でいきなりプロレスや。
赤:イヤー、ナイスファイトデシタネ、コテツサン。
緑:たしかに「激闘プロレス」のイラスト、似てんねんけどな。

| | コメント (0)

あかとみどり/300-309

309:水夏A.S+~エターナル ネーム(2007)
308:スーパーテニス ワールドサーキット(1991)
307:姫騎士物語~Princess Blue(2002)
306:ストライダー飛竜(????)
305:マリオとワリオ(1993)
304:クライシスフォース(1991)
303:スーパーダイナミックス バトミントン(1988)
302:トレインシミュレータ~京成・都営浅草・京急線(2005)
301:レーサーミニ四駆~ジャパンカップ(1989)
300:ファイナルファンタジー3(2006)

赤:300やで、300。
緑:あ、ほんまや。多いのか、少ないのかはともかく、
  区切りのいい数字やね。しかも「FF3」と3つながりやし。
赤:FF言うたら、やっぱ天野さんのイラストがしっくりするなあ。
緑:世代的なもんやろうけど、FFの世界観を方向付けたちゅう
  印象が強いわな。ガンダムの安彦良和さんみたいなもん?
赤:このチラシ、サイズで言うたらポストカードくらいやけど
  絵が強いから、小さくてもFFやな。
緑:A4くらいだと、なおウレシイって感じ。
  おまけに描き下ろしやろ。ある意味、ゼイタクな一枚やな。
赤:ゼイタクといえば「ストライダー飛竜」もそうかも知れへんな。
緑:絵柄とクレジットの本宮企画から判断して、本宮ひろ志さんか
  関係者なんだろうけど、結局ファミコン版は発売されなくて、
  幻となったわけやし。
赤:話、変わるけど「スーパーダイナミックス バトミントン」
  「姫騎士物語」「水夏A.S+」と女子がメインのイラストが多いやん。
緑:ついでにいえば「スーパーテニス」もやな。
赤:で、「バトミントン」と「水夏」は20年近くの開きがあって、
  もちろん描いた人もジャンルも全く違うわけやけど、20年という
  歳月の流れみたいなもん、強く感じへん?
緑:せやな。「スーパーテニス」にしたかて、おそらく写真は
  グラフ選手なんやろうけど、誰?みたいな人もおるやろうし。
赤:写真といえば、写真を使ったゲームの広告って、意外と少ないな。
緑:まあ、マリオかてポケモンかて実在してへんし。
赤:せやから、逆に写真を使った広告は印象が強くて、例えは古いけど
  「マザー」や初期ナムコの広告ビジュアルの評価が高かったり
  するのかもしれへんな。
緑:たかが300、されど300やな。

| | コメント (0)